業務案内

大阪府貝塚市に拠点を置く「株式会社eins工業」では、軽天工事やボード工事を中心に、
商業施設・公共施設・倉庫などの新築・改装工事における内装仕上げ工事全般に対応しております。

近年、デザインと機能性を重視した建物を街中で多く見かけます。
そのような建物の天井や壁の形状に合わせて軽量鉄骨を加工したり、ボードを隙間なく張り付ける作業には、
正確な技術とミリ単位まで妥協を許さない丁寧でクオリティの高い施工が求められます。
弊社代表には約15年のキャリアがあり、どのようなご依頼でもお客さまのご要望を形にする柔軟な提案力と技術力で、
完璧な仕上がりをご提供します。まずはお気軽にご連絡ください!

弊社の求人をご検討中の方

「軽天下地の仕事は初めて」
「ボード貼りについて知識も資格もない」
「前職の経験活かして働きたい」
お仕事を探されている方、軽天屋として大阪で一生モノの技術を身につけませんか?
軽天下地やボード貼りを行う軽天工事では専門的な技術がないから挑戦できないと思われている方でも応募していただけます!
弊社では未経験の方でも、熟練のスタッフが一人前へと導きますので、やる気次第では誰でもプロになれます。
チャレンジしてみたい!とやる気に溢れた方からのご応募お待ちしております。

軽天工事

軽天工事とは、「軽量鉄骨」と呼ばれる材料を格子状に組んで固定し、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。軽量鉄骨といっても重量物であることに変わりはないため、十分な注意をはらって作業を進めます。普段の生活の中で人々の目に触れることはありませんが、ボード工事の下地にあたる工事ですので、その役割は非常に重要です。以前は木材で骨組みを行なっていましたが、現在では防災面やコスト面で優れていることから軽量鉄骨の骨組みが多く採用されています。
また、軽天工事を行なうことによりスペースを区切ることが可能となり、パーティションの役割も生まれます。そのため、軽天は内装下地のさまざまな場面で使用されています。

ボード工事

ボード工事とは天井や壁の下地となる部分をつくる工事で、軽天工事が完了した箇所の上にボードを貼りつけていきます。天井や壁の塗装やクロス張りを行なう前の作業で、近年ではさまざまな建物でこの工法が採用されています。それぞれの建物の用途や状況に合わせた柔軟なプランニングが必要となります。
ボードとボードの間を隙間なく貼りつけ、境目をパテで埋めることにより塗装工事やクロス貼りといった工程でひび割れなどのトラブルを抑止する効果があります。また、こうした確実な施工は見た目の美しさにも繋がります。弊社には経験と知識が豊富なスタッフが多数在籍しております。耐水や防音・耐火などお客さまのニーズに合わせた適切な素材をご提案できますので、施工会社をお探しの方は弊社にお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

ボード貼りや軽天下地のご依頼はございませんか?
ボード貼りや軽天下地の施工は、デザイン性の高さだけでなく、工期の短縮やコスト削減にもつながります。
株式会社eins工業は、お客様のご要望通りのサービスの提供をお約束します。
その他、パーティションなどの内装についても承っておりますので、ご相談ください。
各種工事のご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社の強み